バルサラの破産確率とは、ナウザー・バルサラさんという数学者が

考案した、トレードを繰り返して資金が底をつく確率になります。

参考記事

→  『リスクリワード/プロフィットファクター』

この記事の中で、リスクリワードと勝率のバランスが大切だ!

と言うことを述べたのですが、今回はより具体的なお話です。

損益分岐点(プラスマイナスゼロ)だけで考えると

このようになります。


リスクリワードが、”1.8”あれば、

勝率は、36%以上であれば勝てる

逆に

リスクリワードが、”0.1”しかなければ、

勝率は、91%以上ないと勝てない

ということになります。

そして、このバルサラの破産確率は、

このようになっております。

この表によると、先ほどの

リスクリワード(ペイオフレシオ)が、1.8なら

勝率36%で、トントンになるということですが、

破産する確率をゼロにするには、

勝率が60%以上必要になると言うことになります。

ちなみにこの表だと、

リスクリワードが、1(勝ちも負けも同じ)場合、

トントンになるには、勝率50%ですが、

破産する確率をゼロにするには、

勝率が70%以上必要になると言うことになります。
 

この表は、よくネット上で見かける表ですが、

さらに細かいことを言うとオリジナルの破産確率は、

リスクにさらす資産の割合も加味しなければいけないので、

不正確だとも言われております。
 

まー我々は、数学者ではないので、何が正しい理論なのか?

それを追求するよりも

リスクリワードと勝率のバランスが大切であること

そして、どのくらいの状態であれば、破産確率を低く出来るか

ということを理解しておけばよいと思います。
 

※ 何が正しい理論か? 知りたい方は、

こちらの文献がオススメです。

『システムトレード 基礎と原則』