テクニカル指標のひとつ、”一目均衡表” について簡単に説明します。

『一目均衡表について』

 一目均衡表は、トレンドフォロー型のテクニカル指標です。 (下図参照)

酒田五法,一目均衡表

  一目均衡表は、5つの線から成り立っている。

  1. 基準線  ・・・・・ 株価トレンドを示す
  2. 転換線  ・・・・・ 短いトレンドの転換を示す
  3. 先行スパン1・・・ 先行スパン2とともに雲を形成
  4. 先行スパン2・・・ 先行スパン1とともに雲を形成
  5. 遅行スパン ・・・ 26日遅らせた終値を結んだ線

 

この一目均衡表の使い方は、、、 

~(買いシグナルの基本)~    ※売りシグナルはこれの逆

  • 転換線が基準線を抜けて上回る。(ゴールデンクロスする)
  • 基準線の向きが上を向く
  • 遅行スパンが株価(ローソク足)を下から上に抜く
  • 株価が雲を突き抜け、基準線・転換線ともに上を向いて進み始める。

 一目均衡表は、複雑で難しいように思いますが、

 時間があれば勉強する価値はあると思います。