ボリンジャーバンドについて

  テクニカル指標のひとつ、”ボリンジャーバンド” について簡単に説明します。

 

 『ボリンジャーバンドについて』

  ボリンジャーバンドは、統計学の標準偏差を用いた

  テクニカル指標で す。 (下図参照)

 ボリンジャーバンド

  ボリンジャーバンドは、移動平均線とその標準偏差によって

 現在の株価がどのような水準にあるかを把握し

 売買タイミング判断の補助として用いる。

スポンサードリンク

 

 

  〜(ボリンジャーバンドの使い方)〜

 移動平均線を中心に

 ・−1σ 〜 +1σ 範囲内に入る確率 ⇒ 68.3%

 ・−2σ 〜 +2σ 範囲内に入る確率 ⇒ 95.5%

 ・−3σ 〜 +3σ 範囲内に入る確率 ⇒ 99.7%

 この標準偏差の確率を理解し、現在の株価がどの編の位置にいるかを把握する。

 

 ・さらにボリンジャーバンドは順バリ的活用法逆バリ的活用法の2種類がある。

 ・逆バリ的活用法は、上記の確率的発想から

   ”±2σラインを超える → 4.5%(低い確率) → 反転する” という逆バリ的発想。

 ・順バリ的活用法は、その逆で ”トレンドは続く” という考え方から

   ±1σラインや±2σラインをサポートにトレンドが継続しやすいと言う特徴です。

   (そのことを、”バンドウォーク” と言います。)

   詳しくは、順バリ的使用法→『ボラティリティーブレイクアウトについて』

 

  買いタイミングの例

 ・ボリンジャーバンドが上向きの条件下で、

  移動平均線付近まで下落した後の反発 (順バリ的活用法)

  (参考 『グランビルの法則について』 買い2又は3 に相当)

 ・(勢いのある時は)ボリンジャーバンド+1σ線を上抜いた時

 ※ものすごく強い上昇の時は、+2σ線をサポートに上昇し続ける時もある

  (+2σ線に支えられる = この線を下割らずに 上昇し続ける)

  この場合は、+2σ線を下割った時点で売りを入れる (順バリ的活用法)

 ・ボリンジャーバンド−2σ線以下でその他の買いサインが出現した時。(逆バリ的活用法)

 

   売りタイミングの例

 ・ボリンジャーバンド+2σを越えた時 (高すぎと見て利益確定) (逆バリ的活用法)

 ・ボリンジャーバンドの向きが上から下向きに変わった時 

   など

スポンサードリンク

 

 

  〜(ボリンジャーバンドと他テクニカルとの合わせ方)〜

 ・MACDがクロスが、ボリンジャーバンド±1σ〜±2σ圏で起こった場合有効な指標となる。

   (ボリンジャーバンドの逆バリ活用法のサインになる)

 ・短期移動平均線とボリンジャーバンド±1σラインとのクロスは、移動平均線同士の

  クロス(ゴールデンクロスとデットクロス)と同じような役目を果たす。

 

 

 使い方が簡単なので、覚えておき補助的に使うことが望ましい。


  ここに記載したボリンジャーバンドの特徴について

  より詳しく、わかりやすく説明したオススメ教材は、

 1) 『チャートを動かす大衆心理を利用して相場から利益を上げる22の技術』
                                 (書籍+α 税別 2980円
   ビデオ講座”トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法”

 

 2) 『DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析』
                                 (DVD 税別 3800円
    

 

 3) 『ボリンジャーバンド入門』
                                 (書籍 税別 5800円
    

 

 

 スポンサードリンク
 

『テクニカル指標について』に戻る

 

『酒田五法』トップ(目次)に戻る