ストキャスティクスについて

  テクニカル指標のひとつ、”ストキャスティクス” について簡単に説明します。

 

 『ストキャスティクスについて』

  ストキャスティクスは、売買の過熱度合いをみる逆バリ系の

  テクニカル指標です。(オシレーター) (下図参照)

 ストキャスティクス

   ストキャスティクスは、オシレーター系テクニカル指標の一つで

 ”買われ過ぎ”(売りチャンス)か”売られ過ぎ”(買いチャンス)かを数値化したもの

 であり売買タイミング判断の補助として用いる。

 %Kと%Dの2つの線で構成される。

 

  〜(ストキャスティクスの使い方)〜

 ・30%(20%)以下 ⇒ 売られ過ぎゾーン(買いチャンス)

 ・70%(80%)以上 ⇒ 買われ過ぎゾーン(売りチャンス)

スポンサードリンク

 

 

  〜(オシレーターの特徴)〜

 ・上昇トレンド中の株価が25日移動平均線付近まで下落、

  オシレーターは40〜50%付近で反発する。(押目買いチャンス)

 ・天井圏から株価とオシレーターが下落の場合、

  オシレーター50%を下抜けば株価も下落していく

 ・底値圏から株価とオシレーターが上昇の場合、

  オシレーター50%を上抜けば株価も上昇していく

 

  買いタイミング

 ・売られ過ぎゾーン(低位置)で%Kが%Dを上回る(ゴールデンクロス)するとき 

  売りタイミング

 ・買われ過ぎゾーン(高位置)で%Kが%Dを下回る(デッドクロス)するとき

 

  〜(オシレーター系テクニカル指数の注意事項)〜

   オシレーターの動きが有効な時とそうでないときがある。

  ・オシレーターが有効になりやすい状況

  ⇒ボックス相場のようなもみ合い相場や緩やかな上昇(又は下降)トレンド

  ・オシレーターが有効になりづらい状況

  ⇒急激な上昇(又は下降)トレンドのとき

 

 ストキャスティクスは使い方が簡単なので、覚えておき補助的に使うことが望ましい。


  ここに記載したストキャスティクスの特徴について

  より詳しく、わかりやすく説明したオススメ教材は、

  『チャートを動かす大衆心理を利用して相場から利益を上げる22の技術』
                                 (書籍+α 税別 2980円
   ビデオ講座”トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法”

 

 スポンサードリンク
 

『テクニカル指標について』に戻る

 

『酒田五法』トップ(目次)に戻る