酒田五法:首吊り線

 上げ相場(天井)での売りサイン 

 

 『酒田五法:首吊り線』

 酒田五法・首吊り線

 

    〜特徴〜

 ・上げ相場である。

 ・マドを空けて長い下ヒゲ付きの陽線が出現。

 ・下ヒゲは実体の3倍以上の長さ。

 

    〜説明〜

  上昇過程でマドを空けて上放れたのは、寄り付き時点で成り行き買い注文が

 殺到したため、しかし利食い売りに押されさらに押目待ちの買いで上昇し

 高値引けしたという形。

  しかし、このサインは、市場全体から見ると平均購入価格はかなり高くなっており

 新規買いは控えるほうが身のため。

  首吊り線=相場過熱感の終点 と記憶すべし

 

 スポンサードリンク
 

ローソク足の組み合わせ・インデックスに戻る

                   

『酒田五法』トップ(目次)に戻る