酒田五法:三手放れ寄せ線

 上げ相場(天井)での売りサイン 

 

 『酒田五法:三手放れ寄せ線』

 酒田五法・三手放れ寄せ線

 

    〜特徴〜

 ・上げ相場である。

 ・マドが空いている。

 ・その後、十字線(クロス)出現。

 

    〜説明〜

  上昇相場でマドを空け、その後3本放れて十字線(クロス)が出た形。

 買い注文の殺到が上放れの3本を形成する事になるが、4本目にクロスが出現。

  このクロスは、買いと売りのバランスが取れた状態となり上昇余力が小さくなり

 投資家が迷い始めた証拠である。 

  よって、翌日安く寄り付くようであれば、大暴落の開始となるので売りを入れること。

 

 スポンサードリンク
 

ローソク足の組み合わせ・インデックスに戻る

                   

『酒田五法』トップ(目次)に戻る