酒田五法:上放れタスキ

 上げ相場での買いサイン 

 

 『酒田五法:上放れタスキ』

 酒田五法・上放れタスキ

 

    〜特徴〜

 ・上げ相場初期である。

 ・上放れた陽線が出現。

 ・陽線に続いて、マドを空けずに安く寄り付いた陰線が出現。

 

    〜説明〜

  上昇初期に上放れた陽線出現後の安寄り陰線。(タスキ)

 この陰線の出現は、”利食い売り”であり、落ち着きを取り戻したら

 再度上昇に向かうため、”買い乗せ”の準備をすること。

 

 スポンサードリンク
 

ローソク足の組み合わせ・インデックスに戻る

                   

『酒田五法』トップ(目次)に戻る