酒田五法:鍋底

 下げ相場(底打ち)での買いサイン  

 

 『酒田五法:鍋底』

 酒田五法・鍋底

 

    〜特徴〜

 ・底値圏である。

 ・1〜3ヶ月ほど低迷が続く。

 ・その後、窓を空けた陽線が出現。

 

    〜説明〜

 相場の低迷が続くと、チャートが”なべの底”のような形になる。

 この状態になると悪材料などが出ても、あまり株価には反映されない。

 ダラダラした感じの状態になる。

 しかしそれを脱出するのは、ポーンと高く寄り付く陽線をきっかけに

 上昇を始める。(トレンドが変わる)

 英語ではこれを、”ソーサーボトム(お皿の底)”と呼んでいる。

 

● 注意(類似してる)

 ・団子天井

 ⇒この”鍋底”の反対の形。

 

 スポンサードリンク
 

ローソク足の組み合わせ・インデックスに戻る

                   

『酒田五法』トップ(目次)に戻る