テクニカル指標について

  投資を行う上で活用する テクニカル分析の基本

 ”テクニカル指標” について述べます。

 

 『テクニカル指標について』

  相場の状態を知るための道具として用いるテクニカル指標

 主なテクニカル指標は、

 ・ローソク足チャート

 ・移動平均線

 ・出来高

 の3つですが、今回はそれらを助ける(判断の補助をする)

 その他のテクニカル指標について紹介します。

 

  大きく分けると2種類

 1、順バリ系テクニカル指標 (トレンドを追う目的)

  例) 一目均衡表、MACD など

 2、逆バリ系テクニカル指標 (売買の過熱度合いを見る)

  例) ストキャスティクス、RSI、RCI など 

 テクニカル指標

    テクニカル指標は、銘柄や状況などによって有効なときとそうでないとき。

 また有効に効くテクニカル指標が違う事もあるため、あまり過信せず

 補助的に使うのが望ましい。

スポンサードリンク

 

 

 『各テクニカル指標の特徴と活用法』

  ・『一目均衡表について』

  ・『MACDについて』

  ・『ボリンジャーバンドについて』

    ・『ボラティリティーブレイクアウトについて』

  ・『ストキャスティクスについて』

  ・『RSIについて』

  ・『MACDについて』

 

   活用法としては、あくまでも売買判断の”補助的”なものとし、

  組み合わせにより精度を上げていく。

   それも、同系列の ストキャスティクス+RSI と言ったペアでなく

  順バリ系の MACD + 逆バリ系の ストキャスティクス

  といった感じのペアのほうが望ましい。


  ここに記載したテクニカル指標の特徴について

  より詳しく、わかりやすく説明したオススメ教材は、

  『チャートを動かす大衆心理を利用して相場から利益を上げる22の技術』
                                 (書籍+α 税別 2980円
   ビデオ講座”トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法”

 

 スポンサードリンク
 

『酒田五法』トップ(目次)に戻る