MACDについて

  テクニカル指標のひとつ、”MACD(マックデー)” について簡単に説明します。

 

 『MACDについて』

  MACDは、トレンドフォロー型のテクニカル指標で す。 (下図参照)

 MACD

  MACDは、MACD線とシグナル線の2本を用いる。

 

  〜(MACDの使い方)〜

  ●買いシグナル   

 ・マイナス圏でMACDがシグナルを上抜く(ゴールデンクロス)・・・赤矢印部分

 ・プラス圏内で上昇している間は、”上昇トレンド継続”と言える

 

  ●売りシグナル

 ・プラス圏でMACDがシグナルを下抜く(デッドクロス)・・・青矢印部分

 ・マイナス圏内で下落している間は、”下降トレンド継続”と言える

 ※時折ダマシがあるので、MACDのみで売買を判断するのは避けたほうがよい

 

  〜(MACDと他テクニカルとの合わせ方)〜

 ・ボリンジャーバンド±1σ〜±2σ圏でMACDがクロスした場合、有効な指標となる。

   (ボリンジャーバンドの逆バリ活用法のサインになる)

 

 使い方が簡単なので、覚えておき補助的に使うことが望ましい。

 

 スポンサードリンク
 

『テクニカル指標について』に戻る

 

『酒田五法』トップ(目次)に戻る