ボラティリティーブレイクアウトについて

  ボリンジャーバンドの特徴、”スクイーズ、バンドウォーク” について  

  簡単に説明します。

  (そしてこの手法を”ボラティリティーブレイクアウト”と呼びます。)  

 

 『ボラティリティー ブレイクアウトについて』

  ボリンジャーバンドの特徴の一つは、ボラティリティー(変動幅)を示すことです。

  変動幅の小さい事を”スクイーズ” と呼び、

  逆に変動幅の大きな事を”エクスパンション”と呼びます。 

  変動幅が小さい → 変動幅が大きい → 変動幅が小さい → 変動幅が大きい 。。。

  と言ったように交互に繰り返される特徴があります。 (下図参照)

 ボラティリティーブレイクアウト 

 

  ここでボリンジャーバンドの順バリ的な使い方なのですが、

  スクイーズ(狭い変動幅)を過ぎると、上(又は下)に価格が大きく動く

  つまりエクスパンション(変動幅が広くなる)になるのですが、この変動幅が大きくなる際、

  価格は、ボリンジャーバンドの±2σのラインを上抜く(又は下抜く)のですが、

  逆バリ的な使い方では、

  +2σバンド上抜け → (値段が高すぎと判断して) 売り

  −2σバンド下抜け → (値段が低すぎと判断して) 買い

  と言う判断をするのですが、このスクイーズ後のエクスパンション状態 言い換えると

  ボラティリティー(変動幅)を崩した → ボラティリティーブレイクアウト 状態では、

  順バリ的な使い方

  +2σバンド上抜け → (上昇トレンド開始と判断して) 買い

  −2σバンド下抜け → (下降トレンド開始と判断して) 売り

  が正解と言うことになります。

  さらに、このようにバンドに沿って(サポートされて)値段が動くことを

  ”バンドウォーク”と呼びます。

スポンサードリンク

 

 

  (使用上の注意)

  但し、単純にスクイーズをブレイクアウトしたからといって、その方向にポジションを

  持ってよい場合と悪い場合があります。

  このボラティリティーブレイクアウトの欠点として”ヘッドフェイク”と呼ばれる

  一時的な逆方向の動き(つまりダマシ)があるので、注意が必要になります。

  使用しているチャートより大きな時間軸(15分足チャート→1時間足チャートを見る)

  のトレンドを参考にするとダマシに会う可能性が減るので

  確認するようにしてみてください。

  

  投資の参考にしてみてください。


  ここに記載したボラティリティー ブレイクアウトの特徴について

  より詳しく、わかりやすく説明したオススメ教材は、

 1) 『チャートを動かす大衆心理を利用して相場から利益を上げる22の技術』
                                 (書籍+α 税別 2980円
   ビデオ講座”トレンドに乗れない人が相場に勝つための秘密の投資法”

 

 2) 『DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析』
                                 (DVD 税別 3800円
    

 

 3) 『ボリンジャーバンド入門』
                                 (書籍 税別 5800円
    

 

 

 スポンサードリンク
 

『ボリンジャーバンドについて』に戻る

 

『テクニカル指標について』に戻る

 

『酒田五法』トップ(目次)に戻る