酒田五法:最後の抱き線(上げ相場)

 上げ相場(天井)での売りサイン 

 

 『酒田五法:最後の抱き線(上げ相場)』

 酒田五法・最後の抱き線(上げ相場)

 

    〜特徴〜

 ・上げ相場である。

 ・陰線が出現。

 ・陰線を包む長大陰線が出現。

 ・翌日下寄りする。

 

    〜説明〜

  陰線を包んだ大陽線は、さらに上昇してくれるように見えるが

 バケ線(下げ相場の突如の大陽線)同様下落サインである。

  翌日下寄りするようであれば、成り行き売り!

  上寄りでも”カブセ線”(高寄り陰線)なら売り。

 抱き線は、包む線と包まれる線の陰線と陽線が逆でも同じである。

 

 スポンサードリンク
 

ローソク足の組み合わせ・インデックスに戻る

                   

『酒田五法』トップ(目次)に戻る