酒田五法:入り首、アテ線

 下げ相場での売りサイン 

 

 『酒田五法:入り首、アテ線』

 酒田五法・入り首、アテ線

 

    〜特徴〜

 ・下落相場の状況下

 ・前日の陰線より安値寄りした陽線出現。

 ・前日終値とほぼ同じくらいまでしか戻さない。

 

    〜説明〜

 下げ相場で前日終値より安く寄り付き、前日終値付近まで戻した物⇒”入り首”。

 同条件で、前日の安値までしか戻せなかった物⇒”アテ線”。

 これらは、酒田五法では”戻り売りの急所”と呼ばれる。

 安値寄りして前日を上抜けない陽線は、

 買い方の反撃の弱さを証明している。

 

 

● 注意(類似してる)

 ・差し込み線 

  ⇒”入り首”がもっと長くなった物で、買いサインといえる。

 

 スポンサードリンク
 

ローソク足の組み合わせ・インデックスに戻る

                   

『酒田五法』トップ(目次)に戻る