酒田五法:最後の抱き線(下げ相場)

 下げ相場(底打ち)での買いサイン  

 

 『酒田五法:最後の抱き線(下げ相場)』

 酒田五法・最後の抱き線(下げ相場)

    〜特徴〜

 ・下落相場の状況下

 ・ 陽線を包む長大陰線(抱き線)が出現。

 ・ 翌日上寄りする。

 

    〜説明〜

 抱き線とは、前日のローソクを完全に包みこむ長いローソクの出現を指す。

 上図の例では、 陽線+大陰線 という抱き線であるが、

 陰線+大陽線 というペアの抱き線でも下げ相場で出現した場合

 同様に底のサインと取れる。

 

 しかし、翌日下寄りした場合は見送った方がよい。

 

● 注意

 ・最後の抱き線(上げ相場)

  ⇒上げ相場で出現する場合は、天井サインなので注意。

 

 スポンサードリンク
 

ローソク足の組み合わせ・インデックスに戻る

                   

『酒田五法』トップ(目次)に戻る