酒田五法:放れ七手の変化底

 下げ相場(底打ち)での買いサイン  

 

 『酒田五法:放れ七手の変化底』

 酒田五法・放れ七手の変化底

 

    〜特徴〜

 ・下落相場の状況下

 ・窓を空けて下げる (下放れる)

 ・安値圏で売り買い一巡。

 ・一巡後、高値寄り付きの陽線出現。

 

    〜説明〜

 下げ相場でマド空き・売り買い一巡後の高値寄り陽線は、

 これ以上下がらないと見た売り手が安心して買い戻しに入った形。

 目先の底入れの形!

 その後また下降か、大底だったかは今後の動きで判断すること。

 最低でもマドから底までの1/3戻しをメドにするくらいがよい。 

 

 スポンサードリンク
 

ローソク足の組み合わせ・インデックスに戻る

                   

『酒田五法』トップ(目次)に戻る