大陽線組み合わせ

 『大陽線組み合わせ

 大陽線はそれ単体で、”買い勢力の一方的な強さ”を示します。

 その後に続くローロク足の組み合わせで、その後の株価の動きを予想する時

 大陽線組み合わせ

 上図の赤い線で書き記したように、ローソク足同士をつなげて

 どのように値段が動いたかを把握するとわかりやすくなります。

 

 (左図) 上げた後、一時的に下落(リバウンド)したが、勢いが続かず

       再度上げに転じた。

       ⇒その後はさらに上げそうな感じ。。。

 (右図) 上げた後、さらに高いところから下落した形。

       ⇒その後は、この下落が単なるリバウンドなら 上げ

        この下落が動きの転換点であれば下げる。

 

 と言った感じです。

 さらにこれらの判定を助ける事は、”株価の位置”です。

 つまり、値段が高いところ(高値圏)で出現しているのか? または

 値段が安いところ(安値圏)で出現しているのか?

 を参考にすると、その後動きやすい方向がわかりやすくなります。

  (参考)

 ・ 高値圏の大陽線組み合わせ (天井サインはコレ!

 ・ 安値圏の大陽線組み合わせ (大底サインはコレ!

 

 スポンサードリンク
 

ローソク足の組み合わせ・インデックスに戻る

                   

『酒田五法』トップ(目次)に戻る